発売日にDLしてのめり込んでました。

今作めっちゃ面白いですね……、

最初はキャラデザとか新ポケモン新要素にええ〜!?と思う部分が無かったわけじゃ無いんですが、

ハイクオリティな3Dとゲーム体験が合わさって最初ええ〜!?と思った部分も気付いたら好きになってました。

すごい。

基本的な感想についてはツイッターで垂れ流し放題にしていたんですが、やっぱりポケモンシリーズのポケモンと人との絡みがとにかく好きで、ガラル地方は特にポケモンバトルをプロスポーツとして発展させていて、ポケモンバトルがサッカーや野球並に話題になっているし、みんな好きな所が今作の印象として深いです。

ジムリーダー戦で最後のダイマックスで音楽が変わる演出が特に印象的で、向こうがダイマックスをしかけてくるときにこちらもダイマックスで対抗!とする瞬間、スタジアムが大きな歓声で満たされる感じ……本当に一体感があるので絶対やってほしいですね。

 

ストーリーに関しては、やっぱりホップが一番好きでした。

チャンピオンの弟として兄を超える為に頑張っていたり、兄が負けてしまってからも悩みつつ先に進もうと頑張る所であったり、

悩みながら進む子というイメージが強いんですが、最終的に大きな夢への一歩を踏み出したし、成長したホップが次のシリーズとかで出てきたら泣くと思います。

さりげなくバトルするときのモーションがダンデと似た動きしてたり、トレーナーカードのポーズがダンデと全く同じだったり、お兄ちゃん大好きだし仲いいんだな〜!が凄く伝わってくるのも良い……

 

ジムリーダーのデザインやキャラ性がとにかく魅力的で、どのキャラもスポーティな雰囲気出しつつ個性的なの本当に凄いと思います。私はマクワが一番好きなんですが、結構チャラい見た目に反して紳士な態度や言動で、モテるやろな……がぱっと見で本当に伝わってくるので好きです。いわタイプなんですが既存のいわジムリーダーと全然違う方向で、むしろでんきっぽい感じもグッドです。

ジムリーダーの属性が結構王道路線というか、最後にドラゴン持ってくる感じ、ジョウト地方推しとしてはかなりわかりでしたね。

ジムチャレンジも全体的に今回はそう来たか〜!!というのが多くて楽しかったです。

 

ワイルドエリアに関しては、やっぱりエンドコンテンツ〜と思いつつも好きです。

ダイマックスレイドは人がなかなか来ないせいで破綻してる印象はあるんですが、この辺りは後の調整かなと。

とにかくポケモンが野山を走り回ったりしている光景がみられることが幸せで、こういう状態のポケモンに萌えを感じる人には絶対プレイしてほしいですね。

町中でポケモンと一緒の人が居る!以上に没入感ありました。

あとは野生状態でポケモンがこっちに向かってくるときのモーションだったり、近寄った後にやってくる行動があったり……

本当に生きてる〜〜!!って感じなんですよ……

それだけに今回の全ポケモンは居ない事が惜しまれるんですが、実装するポケモンの数を絞った事によって、ガラル地方の生態系としての表現であったり、完成度の高い3Dモデル、生息地テーブルの配置だったりをより深く作り込んでくれてるんじゃないか?とも思います。

最初は互換切りにマイナスのイメージが多かったんですが、地域性表現としてのリージョンフォルムだったり、この地方にはどうしてこのポケモンは住めないのかな〜なんて考えたり、色々面白い解釈ができるので今では英断だったなぁと思ってます。

次回作もこの方針で切ってくれないかなあ。